yoshitetsuの日記

たまに書くかも知れないブログ

HappyElementsカカリアスタジオに転職してしばらくたちました

Happy Elements株式会社カカリアスタジオ Advent Calendar 2016 - Qiita の18日目の記事です。担当はエンジニアの @yoshitetsu です。

以前は東京で11年ほど働き、転職した今は出身の京都にUターンして単身赴任生活をしています。京都生活が半年ほどたちましたので近況報告します。

今やっていること

前職ではスマートフォンアプリのサーバサイド担当でRails使っていましたが、今はスマホゲームのフロント(Unity)・サーバ(Rails)両方担当しています。Unityはチュートリアルを少しだけ触ったことがある程度でしたが、今はがっつりです。開発中盤にジョインしたプロダクトが最近ようやくリリースを迎え、運用に入りました。

技術周り

カカリアスタジオのエンジニアはフロントとサーバで担当が分かれることがなく、両方担当するのが普通です。1機能を1人でAPI設計、DB設計、UI組み込み、AssetBundleの設計、管理画面までまるっと一人で仕上げることができるのでコントロールできる範囲が広く自由度が高いのが特徴です。少数精鋭な社風なので多能工化しているのでしょう。 アルバイトの学生たちも両面やっているので優秀ですね。

サーバサイドではNoSQL のCassandraを採用しているのが珍しいなと感じました。ユーザ関連データはほぼ丸っとCassandra管理です。CassandraのRuby ORM Cequelがとても使いやすくほぼActiveRecord感覚で実装できます。

github.com

CassandraはAWSのDynamoDBと近く(というかCassandraはDynamoを参考に作られた)、DynamoDBのRuby ORM DynamoidではMigration機能がないなど困ったことが多かったのですが、Cequel は多機能で今のところ困るということがありません。

UnityではUnityIAP( in-app purchases )を組み込んでみました。サーバサイド含め1週間程度で実装できた割には今のところ多少のトラブルはありつつもヤバい不具合は出ていないので安心しているところ。

開発ツールまわり

主に使っているのはこれら

組織文化

さきほども書いた少数精鋭という点が大きな特徴。チームごとに部屋も区切られ、ミーティングも少なく開発に集中できる環境です。また現場が自律的に機能していて裁量も大きく現場で決まったことが最終決定になります。こういった自律組織では自発的な文化もあいまってストレスフリーです。

東京と違うこと
  • 東京と違って時間の流れ方の感じが違うというのは本当
  • 京都らしく、ウチとソトの文化が感じられる
  • そこらじゅうに文化財があるので最早麻痺
  • 四季を強めに感じる
これから

少し落ち着いてきたので、スクラムのプラクティスはちょいちょい広めていきたいなと思います。

終わりに

以上近況報告でした。
カカリアスタジオではアルバイトや中途採用を積極募集中です。興味があるかたはこちらをご覧ください。
www.happyelements.co.jp

Happy Elements株式会社カカリアスタジオ Advent Calendar 2016の他の記事はこちらをご覧ください。
qiita.com